英語の勉強法

【英語という科目の特殊性】

 受験科目の中で,英語だけは,やや特殊な位置づけにあります.

 他科目と異なり,英語はそれ自体が学問分野というわけではなく(英語学というのはありますが,それは英語の成り立ちや特徴等を分析する学問であり,単なる語学ではないはずです.),国際的な勉強をするためのツールとしての位置づけであるという要因が大きいと思います.

 さらに,本来,語学の力は,読む/聞く/書く/話すの4つの力をバランスよく育てることが重要とされますが,入試問題という性格上,読む力が中心となり,話す力については事実上捨象されているのが現状です.

 そして,点差をつけるために独特のパズル的な問題がガラパゴス的に進化したものが現在の東大英語ではないかと思います.大学案内の「高校段階までの学習で身につけてほしいこと」を読んでも,英語に関してはいきなり「批判的な思考力」が飛び出すなど,あまり入試問題との関連が理解しやすくない内容となっています.

 実際,東大入試でも,英語以外の外国語科目は,シンプルな文法,和訳,作文問題が中心となっていますし,語学試験としてはそれが普通だと思います.

 そういう意味では,近年騒がれている大学改革で,現状の英語入試はいずれ変更される運命にあるのではないかと思いますが,以下では,本来的な英語の力を付けつつ,現状の「東大英語」にも十分対応できる力を付けることを前提に考えていきます.

 

【基本事項】

 英語における基本事項は,結局,英文を読み書きするための基本単語と基本的な文法事項,基本的な表現(言い回し)です.

 多くの文は基本的単語と文法の知識で読むことができます.

 長文問題であっても,まずは一文一文が速く正確に読めることが基本となることはいうまでもありません.典型的な英文の読み書きができることを前提として,文脈の理解や読解という応用が問われるということになります.

 

 入試英語の影響で,誰も読めないような複雑怪奇な構文の読解や,謎かけのような並べ替え問題を解くことが英語の勉強だと思ってしまう方もいますが,英語も言語である以上,そのような分かりにくい表現ばかりのはずはありません.幸い東大ではそういった問題の比重は高くはない(残念ながらゼロではない)ので,正攻法で勉強すればよいと思います.

 

【インプット】

 単語のインプットとして,標準的な単語集を利用します.何でもよいですが,例えば鉄緑会の「鉄壁」などは,簡単すぎる単語はなく,熟語もカバーしているので,有力候補になります.

 文法事項や表現について不安がある人は,旺文社の「表現のためのロイヤル英文法」などに付属している暗記用例文を覚えておくとよいでしょう.

 作文の基本的な作法については,Z会の「英作文のトレーニング 自由英作文編」の前半に目を通しておくのも有益だと思います.

 

【基礎演習】

 英語の読み書きの練習です.

 

 英文を読む練習としては,比較的平易な英文を多読すること,可能であれば和訳することが有効だと思います.和訳することで自分の理解が確認でき,国語の力もつきますので一石二鳥です.加えて,音読を行えばリスニングの対策になります.

 素材としては何でもよいですが,英語で情報を読み取るという趣旨を損なわない程度に平易なものを選ぶのがポイントでしょう.つまづいてしまったり,訳を読まなければ意味が取れないようであればレベルが高すぎると思います.具体的には,Z会の速読英単語シリーズのようなものの中からレベルの合うものを選ぶことが考えられます.レベルが合うようであれば,東大1年の英語の教科書である「教養英語読本」を購入して多読するのも,どうせ買うことになるわけですから経済的です.

 

 英文を書く練習としては,特に工夫をしなくても書けるような,平易な英文を作文して,英語を書くことに慣れておくとよいでしょう.「表現のためのロイヤル英文法」やZ会の「英作文のトレーニング」に付属の暗記用例文を書くだけでも効果があると思います.

 現状の東大英語におけるライティングの比重からすると,これくらいで十分でしょう.本当の意味でライティングの力をつけようと思った場合,専門の指導者による添削が不可欠だと思いますが,大学に入ってからでもライティングの指導は受けられます.どうしてもやりたい場合は通信添削等を利用してもよいでしょう.

 英作文の演習書については,例えばZ会の「英作文のトレーニング」の場合,東大では文学的な日本語の英訳が求められるわけではないので,「実戦編」の大部分はオーバーワークになると思いますし,100語を超えるような長文の作文は求められないため,「自由英作文編」の後半もオーバーワークであると思います.基本的な英文が書けるようであれば十分です.

 

 リスニングについては,読めないものは結局聞いてもわからないので,まずは読み書きの練習をし,その際に発音に注意しておけば十分だと思います.リスニングがリーディングと異なるのは,スペリングではなく発音を通じて情報が入ってくるという点と,時間的に一方通行であるという点です.後者の点については,英文に慣れれば後ろを予測しながら読むこともできるようになるので,多読の練習である程度カバーできます.

 

【実戦演習】

 独特の形式に慣れるため,やはり過去問に取り組むべきです.

 素材は青本等,市販されている過去問を使用すればよいでしょう.年度ごとではなく設問ごとに取り組みたい方は,25か年シリーズを使用するとよいと思います.

 

 始めに記したような事情で,語学としての読解力,表現力以外の要素が多分に含まれますので,設問ごとに演習のポイントをコメントしていきます.

[1A]内容要約

 英語で内容を理解し,要旨を日本語で表現します.

 英文自体は比較的平易なので,英文読解という典型的な技術を前提に,まとまった英文の文脈理解(枝葉を切って要旨に落とし込む)と日本語の表現力を問う問題になっています.

 リーディングの問題としては素直で,取り組みやすい問題だと思います.

[1B]段落整序・文補充

 英語をひたすら読み,文章がつながるように操作するという点では毎年共通しています.

 指示語に着目する,固有名詞に着目するなど,様々なテクニックがありますが,これで何を測ろうとしているのかいまいちわかりません.

 いずれにしても,大量の英文を読むことになるので,早く英文が読めればパズルを解く時間が十分にできます.

[2]英作文

 2問あります.2問とも自由英作文という形式が続いていましたが,ここ数年,1問は下線部英訳という形式になりました.

 自由英作文では,基本的な単語文法を前提に,主に構成力,表現力が問われますので,行き当たりばったりで書かずに,きちんとプランを立ててから書くようにしましょう.当然ですが,面白いことを書く必要はありませんので,自分の書ける内容で,文法的に間違いのないように書くことが大事になります.

 下線部英訳では,日本語の文脈からみて,英語で表現すべき内容をしっかり読み取り,英訳しやすいシンプルな形にして(日本語読解力),それを英文に訳すことが求められます.書く内容を自分で考える必要はありませんが,勝手に自分の書ける内容に変えてしまうこともできなくなりました.

[3]リスニング

 すべて選択問題で,細かいことを覚えていなければならない問題はあまりない(その余裕もない)ので,誰がどんなことを言っていたかを捉えられれば解答できます.

 基本的な英文理解の力を前提に,内容のポイント(話題,賛成/反対,利点/欠点など)を押さえる文脈理解が問われています.

 なお,数字に関しては聞いて直ちにイメージできるよう別途訓練しておくことを勧めます.

[4A]誤文訂正,整序作文

 文法的に正しい文を作るという点では共通しています.

 このような形で問えるパターンはおのずと限定されるので,練習すればテクニックを身に着けることはできます.

 ただ,これで読解力や表現力が測れるとは思えませんし,出題意図の理解に苦しむところです.

[4B]和訳

 英文の精密な読解の力をダイレクトに測るものです.

 文学作品の翻訳家に求められるような高度な表現などが求められるわけではないので,文脈を踏まえて正確に読解し,訳文に盛り込むようにすればよいでしょう.

[5] エッセイ・小説

 小説の読み方には独特のものがありますので小説読解力とでもいうべきものが必要になります.

 設問は内容一致,和訳などについては,文章を理解できれば解答できます.

 穴埋めや整序作文など,パズルのような問題も出題され,これらも練習すればテクニックは身に付きますが,長文問題で出題する意味はよく分かりません.